【STADIA】サービス開始時期発表!対応タイトルも公開【Pro】

ゲーム
スポンサーリンク

こんにちは!

「Google」社が予定している「ゲームストリーミング」サービス「STADIA」の最新情報を2019年6月7日に配信した動画「Stadia Connect」で公開し、サービスの開始時期や価格等を発表致しました。

スポンサーリンク

「Stadia Connect」概要

Stadia Connect 6.6.2019 – Pricing, Game Reveals, Launch Info & More

動画によれば「STADIA」のサービス開始時期は2019年11月。

ただし、「STADIA」をサービス開始と同時に利用出来る国家は以下の14カ国と発表が為されており、日本を含めた他の地域では2020年以降に徐々にサービスが開始されて行くとの事。

サービス開始と共に「STADIA」を利用出来る国家

  • アイルランド
  • アメリカ
  • イギリス
  • イタリア
  • オランダ
  • カナダ
  • スペイン
  • デンマーク、
  • ドイツ、
  • ノルウェー
  • フィンランド
  • フランス
  • ベルギー

 

月額サービス「Stadia Pro」について

「STADIA」は元々、気に入ったゲームが見付かったらその場ですぐ購入し遊べると言う「ゲーム買い切り」型のサービスとして発表が為されておりましたが、月額「1,000円」で利用出来るサービスとして今回「Stadia Pro」の情報が公開されました。

ゲーム買い切りのサービスは2020年以降に開始すると発表が為されており、初めは月額制のサービスとして「STADIA」を開始する様です。
ゲーム買い切り型のサービスは「Stadia Base」と言う名前になるそうです。

 

「Stadia Pro」の特徴

「Stadia Pro」では「4K」画質「60fps」でのゲームの動作、「5.1chサラウンド」をサポート。
「Stadia Pro」に契約する事で「フリープレイ」のゲームが自由に遊べ、ゲームソフトをお得に購入出来る権利も付属するとの事。

尚「4K」画質等を満足に楽しむ為にはインターネットの回線速度が「35Mbps」以上が必要で、「1280×720」の「HD」画質の場合は「10Mbps」以上が必要になる模様。

「Stadia Connect」より引用

「4K」画質はともかくとして、「Stadia Pro」で無いと「60fps」でゲームが動作しないと言うのは地味に気になるポイントかも知れませんね。

 

限定版「the Stadia Founder’s Edition」について

およそ3万円のサービスを14,000円で利用出来る限定版「the Stadia Founder’s Edition」の情報も公開されました。

発表された特典は以下の通り。

  1. コントローラ:ナイトブルー色
  2. Chromecast Ultra
  3. 3ヵ月分のStadia Pro:友人にもその権利をプレゼント可能)
  4. 「デスティニー2」の全コンテンツ
  5. ユーザーネームを自由に設定する権利(最初のプレイヤーの1人になる為)

「STADIA」をパソコンやスマートフォン等で遊ぶ場合には普段遣いのキーボードやマウスが利用可能でコントローラも「PlayStation 4」用の物が利用出来るとの事。

ただし、テレビで遊ぶ場合には「Choromecast」と専用の「Stadia Controller」が必要になるそうですので、この限定版を購入する事で「TVでSTADIAを遊ぶ権利」も同時に入手出来る事になりますね。

 

「STADIA」対応タイトルについて

「STADIA」対応ゲームとして以下のタイトルが発表されました。

中々のラインナップ。

「DB ゼノバース2」が含まれていたのは管理人も少々驚きましたが「STDIA」が幅広い層に向けたサービスである事をアピールしている様にも感じられますね。

 

まとめ

何となく「未来のサービス」と言う印象だった「STADIA」も、具体的な情報が公開されていよいよサービス開始の現実味が増して来た気が致します。

日本でのサービス開始は2020年以降との事でまだ具体的に日本人が「STADIA」を利用出来る様になる時期は不明ですが、その頃には日本人向けのタイトルも追加されているはず。

「STADIA」が日本人の日常に浸透して行くのもそう遠くないのかも知れませんね。

それでは当記事『【STADIA】サービス開始時期発表!対応タイトルも公開【Pro】』を終了させて頂きます。

お疲れ様でした。

コメント