【Google】ゲームストリーミングサービス「Stadia」が2023年1月に終了決定

ゲーム
「Stadia」公式ツイッターアカウントより引用
スポンサーリンク

こんにちは!

「Google」社が、自社で提供していた海外向けゲームストリーミングサービス「Stadia」を2023年1月18日に終了する事を発表致しました。

スポンサーリンク

「Stadia」について

「Stadia」とは、「Google」社が2019年11月から海外向けにサービスを展開しているゲームストリーミングサービス。

「Google Chrome」が利用出来る環境ならばスマートフォンやパソコン等のあらゆる環境で同じゲームをデータを共有して遊ぶ事が出来る事が特徴で、サービスの競合相手としては「PlayStation Now(現、PlayStation Plus)」等が挙げられます。

この「Stadia」のサービスを「Google」社は「期待した程の支持を得られなかった」事を理由に、2023年1月18日に終了する事を発表致しました。

「Google」社による公式発表は以下の通り。

長年にわたり、Googleはゲーム業界の多方面にわたって投資を行ってきました。Googleは、開発者がGoogle PlayおよびGoogle Play Gamesでゲームアプリを開発し、配信できるよう支援しています。ゲームクリエイターは、動画、ライブストリーミング、Shortsを通じて、YouTubeで世界中の視聴者にリーチしています。また、当社のクラウドストリーミング技術は、大規模なスケールで没入感のあるゲームプレイを実現します。

数年前、私たちはコンシューマ向けゲームサービス「Stadia」も開始しました。Stadiaのコンシューマー向けゲームストリーミングのアプローチは、強力な技術基盤の上に成り立っていましたが、我々が期待したほどユーザーから支持を得られなかったため、Stadiaストリーミングサービスの終了を開始するという難しい決断を下しました。

当初からスタディアをご利用いただいている熱心なユーザーの皆様には感謝しています。Google Storeで購入されたすべてのStadiaハードウェア、およびStadia Storeで購入されたすべてのゲームおよびアドオンコンテンツを払い戻します。2023年1月18日までは、ゲームライブラリにアクセスし、プレイすることができますので、最終的なプレイを完了することができます。2023年1月中旬には、大半の払い戻しが完了する予定です。このプロセスの詳細については、ヘルプセンターでプレイヤーの皆様にご案内しています。

Stadiaの基盤となる技術プラットフォームは、規模が大きく、ゲームの枠を超えたものであることが証明されています。この技術は、YouTube、Google Play、AR(拡張現実)への取り組みなど、Googleの他の事業にも応用することが可能です。私たちは、ゲームに深くコミットしており、開発者、業界パートナー、クラウド顧客、クリエイターの成功を後押しする新しいツール、テクノロジー、プラットフォームへの投資を続けていきます。

Stadiaチームにとって、Stadiaを一から構築しサポートすることは、プレイヤーと同じようにゲームに対する情熱によって支えられています。Stadiaチームのメンバーの多くは、この仕事を社内の他の部署に引き継ぐことになります。私たちは、チームの画期的な活動にとても感謝していますし、基礎となるStadiaストリーミング技術を使用して、ゲームやその他の業界全体に影響を与え続けることを楽しみにしています」と述べています。

Google
「A message about Stadia and
our long term streaming strategy」
DeepL翻訳

【「Stadia」公式サイト】

Stadia - Play for no cost across your favorite devices
Get instant access to Stadia and a collection of games with a Stadia Pro no cost trial now.

コメント