「Google Chrome」から「リーディングリスト」を非表示にする方法

パソコン
スポンサーリンク

こんにちは!

「Google Chrome」のアップデートで「リーディングリスト」のアイコンが右上に強制的に表示される様になり、お困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


↑こちらのアイコンです。

当記事では「Google Chrome」から「リーディングリスト」アイコンを非表示にする方法をご紹介致します。

スポンサーリンク

「Google Chrome」から「リーディングリスト」を非表示にする方法

  1. 「Google Chrome」上部のアドレスバーに「chrome://flags/」と入力します。
  2. 「Google Chrome」の様々な機能を制限するオプション画面に飛ぶ事が出来ますので検索バー(「Search Flags」の場所)に「list」と入力し検索をします。
  3. 「Reading List」「Side panel」と言う項目を探し「Default」になっている部分をクリックして「Disabled(=使用不可)」に変更します。

    「Reading List」の「Disabled」化が「Google Chrome」のタブを右クリックした時に表示される「コンテキストメニュー」から「リーディング リストにタブを追加」を非表示にする方法、「Side panel」の「Disabled」化が「Google Chrome」右上の「リーディングリスト」アイコンを非表示にする方法となります。

  4. この項目では何らかの設定を弄る事で「Relaunch」が画面下部に表示され「Google Chrome」の再起動を促されますのでクリックし再起動します。
  5. 再起動後の「Google Chrome」では「リーディングリスト」アイコンは非表示となり、タブを右クリックした際の「コンテキストメニュー」からも「リーディング リストにタブを追加」が非表示となっています。

これで作業は完了です。お疲れ様でした。

もし間違った項目を弄ってしまった場合には「chrome://flags/」ページの右上に「Reset all」ボタンがあり、このページでの全ての操作を初期化する事が出来ます。

パソコン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
管理人をフォローする
スポンサーリンク
ストリーミングビギナーズ

コメント