「ステレオミキサー」とは?「Sound Blaster」を使った導入・設定方法について

パソコン
スポンサーリンク

こんにちは!

現在のゲーム実況配信において「マイク」は必要不可欠な物です。

「マイク」を使わない「字幕」配信も当然存在しておりますが、やはり「マイク」を使用した「声有り」のゲーム実況は管理人がゲーム実況デビューした当時よりも一般的な物となりました。

当記事では「マイク」を使用したゲーム実況を配信する為に必要不可欠な「ステレオミキサー」について簡単に解説致します。

スポンサーリンク

「ステレオミキサー」とは

「ステレオミキサー」とは、パソコン内部で流れている「サウンド」と「マイク」から取り込んだ音声をミックスする為に必要となる機能です。

「マイク」をパソコンに繋げるだけじゃ駄目なの?

とお考えになるとは思いますが、実際に「マイク」をパソコンに繋げるだけではパソコン内部の「サウンド」と「マイク」音声の両方を配信画面に乗せる事は出来ません。

標準状態ではパソコン内部の「サウンド」だけと「マイク」音声だけのどちらかの音しか配信画面に乗せる事が出来ず、仮にゲーム実況動画を作ろうとゲームプレイ動画を作ったとしてもどちらかの音声しか保存されない結果となってしまいます。
具体的には「サウンド」の「録音」タブで「規定のデバイス」に設定した「オーディオデバイス」の音しか配信画面には乗せられません。

「マイク」音声とパソコン内部の「サウンド」の両方を1つの音声としてミックスし両立させる為に必要となる物、それが「ステレオミキサー」と言う機能なのです。

 

「ステレオミキサー」を使用する方法とは

「ステレオミキサー」を使用する方法は主に3つ存在しております。

  1. パソコンの「ステレオミキサー」機能を利用する
  2. エンコードソフトの「ステレオミキサー」機能を利用する
  3. 「サウンドカード」を購入・インストールして「ステレオミキサー」機能を利用する

 

パソコンの「ステレオミキサー」機能を利用するメリット・デメリット

「Windows」パソコンを使用している場合、パソコン自体に「ステレオミキサー」が標準実装されている「OS」を使用している場合に限って「ステレオミキサー」機能を使用する事が出来ます。

メリット

  • パソコンの標準機能を使用する為に無料で使用出来る
  • ゲーム実況に関わらず「ステレオミキサー」機能を使用する事が出来る

デメリット

  • 最低限の機能しか無い
  • 「OS」のバージョンにより使用出来る場合と出来ない場合がある

何だ、「ステレオミキサー」あるんじゃん!

と思われた方もいらっしゃるでしょうが、管理人としてはこの方法での「ステレオミキサー」機能のご利用は余りオススメ出来ません。標準で実装されている機能なのですが…。

「ステレオミキサー」有り「OS」「ステレオミキサー」無し「OS」
「Windows XP」「Windows Vista」
「Windows 10」「Windows 7」
 「Windows 8」

実は「ステレオミキサー」が実装されていない「OS」の方が多いのです。

今現在、新しくパソコンをご購入された場合は余程の事が無ければ「Windows 10」を入手する事となると思いますので「ステレオミキサー」機能は現在は使用出来るとは思いますが先述の通り最低限の機能しか持ち合わせておらず、これからの「Windows Update」の内容いかんによっては「ステレオミキサー」機能が消失してしまう可能性もありますので注意の必要があると言え、オススメする事が出来ない状況となっております。
「Windows Update」によって実際に消失した機能も存在しております。

 

エンコーダーの「ステレオミキサー」機能を利用するメリット・デメリット

ゲーム実況で近年一般的に使用される「OBS」や「NLE」等の「エンコーダー」では「ステレオミキサー」に準ずる機能が実装されている場合もあり、その機能を使用する事で「パソコン音声」と「マイク音声」をミックスする事が出来る場合があります。

メリット

  • ゲーム実況用ソフトの1機能として実装されている為、ソフトによっては無料

デメリット

  • 機能が無いエンコーダーも存在する
  • 機能を利用出来ない「OS」も存在する
  • ソフト毎に仕様が違う為、パソコン知識が無いと使いこなし難い
  • ソフトを使用する状況でしか「ステレオミキサー」機能を使用出来ない

利用出来ないパターンも多いので「エンコーダーの機能で何とかしろ」とは管理人にはとても申し上げる事が出来ません。

 

「サウンドカード」を購入して「ステレオミキサー」機能を利用するメリット・デメリット

「Windows XP」や「Windows 10」には標準で実装されている「ステレオミキサー」機能も「Windows Vista」等の「OS」が主流だった時代には標準で実装されておりませんでした。

その為ゲーム実況で「ステレオミキサー」機能を使用する為には「サウンドカード」を後から増設する必要があり、この方法で「ステレオミキサー」を使用する方法が主流でした。

管理人も実際にこの方法で「ステレオミキサー」機能を使用しており、管理人の「ステレオミキサー」導入方法のオススメはこちらとなっております。

メリット

  • 「ステレオミキサー」機能専用のソフトが付属する為、直感的に使いやすい
  • 「ステレオミキサー」機能を使用する事が出来る

デメリット

  • 機材を購入する必要がある為に「有料」である
  • 「OS」のアップデートで機材を動作させる「ドライバー」が非対応になる可能性がある

有料で購入する製品である以上、製品のサポート期間が過ぎてしまった場合は後継機等に買い換える必要がその都度出て来てしまうデメリットこそ存在致しますが一番簡単で初心者にもオススメしやすい方法と言えます。

 

「ステレオミキサー」導入にオススメの「サウンドカード」とは

「ステレオミキサー」導入にオススメの「サウンドカード」は、主に2種類が存在しております。

「Creative」社の「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1」と「Sound Blaster X-Fi Go!」と言う「USB」で接続する事の出来る外付けの「サウンドカード」です。
管理人は「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1」シリーズを愛用しております。

現在は両製品とも後継機が発売しており「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2」と「Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2」と言う製品をご購入される事で「ステレオミキサー」を導入する事が出来ます。

又、動作に必要な「ドライバー」は公式サイトの方でダウンロードする事が出来ますので、こちらからダウンロードをどうぞ。

Creative Media (Japan) : Customer Support - Drivers & more for all your Creative products

 

「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2」

「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2」概要

  • 高音質ハイレゾ24bit/96kHz、5.1ch出力が手軽に楽しめるSound Blaster X-Fi Surround 5.1 Proが最新テクノロジーSBX Pro Studioテクノロジーを搭載して新パッケージで登場!
    手軽なUSB接続でノートパソコンでも5.1chマルチチャンネル環境を構築できる大人気のSound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro(旧モデル型番:SB-XFI-SR51P)が、新たに「SBX Pro Studioテクノロジー」を搭載し新パッケージで登場!SBX Pro Studioオーディオテクノロジーの数々の機能により、PCでの音楽鑑賞や映画鑑賞、ゲームにさらなる迫力と臨場感を提供します。ヘッドホンやステレオスピーカーであってもバーチャルにサラウンドスピーカーを作り出すことで360度の3Dオーディオの世界観をリアルに実現、また音楽などのステレオコンテンツであっても5.1ch環境に合わせてリアルな臨場感を演出します。

  • SBX Pro Studioテクノロジーで迫力のPCエンターテインメント
    SBX Pro StudioテクノロジーはPCでの音楽鑑賞や映画鑑賞、ゲームにさらなる迫力と臨場感を提供します。ヘッドホンやステレオスピーカーであってもバーチャルにサラウンドスピーカーを作り出すことで360度の3Dオーディオの世界観をリアルに実現します。

  • ハイレゾ24bit/96kHz対応の高音質、高パフォーマンスと優れた接続性
    外付けのUSBオーディオながら、最大24bit/96kHzに対応した5.1chのマルチチャンネル出力を搭載。またフロント出力には音質劣化の少ない金メッキを施した高品質なRCAステレオ出力を採用し、光デジタル出力と合わせてベストなオーディオパフォーマンスを実現。さらにヘッドホン出力とマイク入力も搭載していますので、ボイスチャットやネット放送にも最適です。

Amazon「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2」商品ページより引用

 

「Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2」

「Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2」概要

小型・超軽量ながら優れた機能で大人気のSound Blaster X-Fi Go!が、新たに「SBX Pro Studioテクノロジー」を搭載、また4極タイプのヘッドセット用変換ケーブルも付属して新パッケージで登場。
SBX Pro Studioオーディオテクノロジーの数々の機能により、PCでの音楽鑑賞や映画鑑賞、ゲームにさらなる迫力と臨場感を提供します。
ヘッドホンやステレオスピーカーであってもバーチャルにサラウンドスピーカーを作り出すことで360度の3Dオーディオの世界観をリアルに実現します。
ネット放送やインターネットカラオケなどに最適な、パソコン内部のサウンドとマイク入力を同時に録音可能な再生リダイレクト(ステレオミックス)にももちろん対応します。

また新たにスマートフォンなどで使用される4極タイプのヘッドセットを接続できる変換ケーブル(3.5mm 4極ミニ – 3.5mmミニx2へ変換)を付属。
普段使用しているヘッドセットでボイスチャットなどをお楽しみいただけます。
また高品質な出力端子はヘッドホンだけでなく、ラインレベルの出力にも対応。
本体上のスイッチにてヘッドホン出力とスピーカー出力を切り替えることができますので、お使いの再生機器環境に合わせて最適な出力レベルを得ることができます。
最新テクノロジーを搭載し、手軽に高品質かつ迫力のサウンド、臨場感で音楽・映画・ゲームをお楽しみいただける、進化したSound Blaster X-Fi Go! Proをぜひ体験してください。

Amazon「Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2」商品ページより引用

簡単な「ボイスチェンジャー」機能も付いております。

 

どちらの商品を選べば良い?

音質で選ぶなら「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2」、値段のお手頃さや「ボイスチェンジャー」機能に魅力を感じるのであれば「Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2」と言う選び方で宜しいかと思います。

 

実際に「Sound Blaster」を購入した後の設定方法

もし実際に「Sound Blaster」の商品をご購入された場合、動作させる為にはまず「USB」でパソコンと接続し「スピーカー」と繋ぐ必要があります。

パソコン及び「スピーカー」と接続するだけで音は出る様になりますが、その性能をフルに活かす為には専用の「ドライバー」をダウンロードしインストールする必要があります。

Creative Media (Japan) : Customer Support - Drivers & more for all your Creative products

ダウンロードページは上記からどうぞ。

「ドライバー」のダウンロード・インストール手順

  1. 上記のURLで「Sound Blaster」▶「X-Fi シリーズ」と指定し、購入した製品を選択した上で「次へ」をクリック。
  2. 「OSを選択してください。」の部分を使用パソコンの「OS」に指定し「確定」を選択。
  3. 「ドライバー」項目から「今からダウンロード」を選択してダウンロード。
    「ドライバー」が
    複数表示されている場合は最新版のみをダウンロードして下さい。
  4. ダウンロードした「exe」ファイルから「ドライバー」をインストールする。

インストールが終了した後には右下に表示される「スピーカー」アイコンを右クリックし「サウンド(S)」を選択し、その後には「録音」タブを開いて下記の画面にして下さい。

「サウンド」の「録音」タブを開いた例

管理人画面における「What U Hear」が「ステレオミキサー」です。
「再生リダイレクト」や「ステレオミキサー」と言う表記の場合もあります。

「ステレオミキサー」を一度クリックした後、下の「規定値に設定(S)」を選択して下さい。
これを行う事で「ステレオミキサー」を正常に動作させる事が出来る様になりました。

次に「Line-in/Mic-in」をクリックし、次に「プロパティ(P)」を選択し「カスタム」タブを開いて下さい。
「Line-in/Mic-in」とは「Sound Blaster」に接続した「マイク」の事で「マイク」と言う表記の事もあります。

「マイク」の「プロパティ」、「カスタム」タブ

この画面では「マイクブースト」にチェックを点けます。

「マイクブースト」とは「マイク」音を大きくする機能です。

接続しただけでは小さ過ぎる「マイク」音を大きくする事が出来ますので、チェックを点けて置きましょう。
「マイクブースト」機能を使わなくても「マイク」音声がきちんと聞こえる音量の場合は使用しなくても結構です。

これで使用する準備が整いました。

 

「Sound Blaster」設定後の「マイク」使用方法

「Sound Blaster」に「マイク」を接続した後、右下の「タスクトレイ」に表示されている「ボリュームパネル」アイコンをクリックして「ミキサー」を選択し「エンターテインメントコンソール」を開いて下さい。

「エンターテインメントコンソール」画面

この画面で「ミキサー」アイコンをクリックして下さい。

「ミキサー」画面

「ミキサー」画面を開く事が出来ましたら上記の画像で赤く「×」となっている部分をクリックして下さい。

「×」は「マイク」機能がOFFとなっている証拠ですのでクリックし「×」アイコンを取る事で「マイク」機能がONとなります。「マイク」をONにして「スピーカー」等から自分の声が聴こえたら成功です。

ゲーム音声とのバランスを調整する際にはヘッドフォン等を装着した状態で自分の声がはっきり聞こえる様に、ゲーム音は気持ち小さ過ぎる位に調整すると調度良かったり致します。

 

まとめ

今回は主に「Sound Blaster」を使った「ステレオミキサー」の導入方法について簡単に解説致しました。

「ステレオミキサー」機能は「マイク」を使った近年オーソドックスなゲーム実況スタイルを実現するには必要不可欠な物です。

「Sound Blaster」は「ステレオミキサー」導入にオススメの製品ですので、是非ゲーム実況デビューの暁にはご購入されてはいかがでしょうか。
「Sound Blaster」にも「ステレオミキサー」機能が存在しない製品もございますので、今回ご紹介した製品がオススメです。

それでは当記事『「ステレオミキサー」とは?「Sound Blaster」を使った導入・設定方法について』を終了させて頂きます。

お疲れ様でした。

 

コメント