【switch】「クラウドゲーム」とは?従来のゲームとの違いについて

ゲーム
スポンサーリンク

こんにちは!

「Nintendo Switch」に映画にもなった「バイオハザード」シリーズの最新作(執筆当時)「BIOHAZARD 7 resident evil」「クラウドゲーム」「BIOHAZARD 7 resident evil cloud version」としてリリースされましたね。

「クラウドゲーム」って何?
今までのゲームと何が違うの?

と言う方もいらっしゃると思います。

当記事ではこれからのゲーム業界で主流になって行く?「クラウドゲーム」について「Nintendo Switch」を例に簡単に解説したいと思います。

スポンサーリンク

「クラウドゲーム」とは?

「Nintendo Switch」のゲームには下記の2種類が従来から存在しておりました。

従来のゲームの特徴

  • 「パッケージ」版:
    遊びたいゲームソフトのパッケージをゲームショップや通販で購入し、遊びたいゲームのソフトカードを「Nintendo Switch」に挿入する事で購入したゲームを遊ぶ事が出来る。

  • 「ダウンロード」版:
    「Nintendo Switch」に実装されている「ニンテンドーeショップ」機能を使い、遊びたいゲームソフトを購入、「Nintendo Switch」にダウンロード・インストールする事で購入したゲームを遊ぶ事が出来る。

上記の様にゲームを遊ぶ為には今までは「ゲームソフト」を「パッケージ」版にせよ「ダウンロード」版にせよ「ゲームソフト」を購入し手に入れる事で遊ぶ事が出来たのです。

しかし、「BIOHAZARD 7 resident evil cloud version」の様な「クラウドゲーム」では仕様が異なります。

「クラウドゲームの場合

  • 「ゲームソフト」本体は「クラウドサーバー」上に存在している。
  • 「パッケージ」版の様に「ゲームソフト」を手元に置く必要は無く、「ダウンロード」版の様に「ゲームソフト」を「Nintendo Switch」にダウンロードする必要も無い。
  • プレイヤーはゲームソフト本体が置いてある「クラウドサーバー」を利用して「ゲームを遊ぶ権利」を購入して専用のアプリでインターネット回線を通じてゲームを遊ぶ。

「ゲームソフト」本体を入手せずにゲームを楽しめる。
それが「クラウドゲーム」と言うスタイルな訳ですね。
「ゲームストリーミング」と呼ばれる事もあります。

「BIOHAZARD 7 resident evil cloud version」の場合はゲームを180日間プレイする権利を購入する事でゲームを楽しむ事が出来ます。

 

「クラウドゲーム」の仕組みとは?

「クラウドゲーム」では先述の通り「クラウドサーバー」にゲームのデータが存在しています。

プレイヤーが「クラウドゲーム」仕様の「ゲームソフト」を遊ぶ場合にはこの「クラウドサーバー」に「Nintendo Switch」にダウンロードした専用のアプリでインターネット回線を介してアクセスし、「クラウドサーバー」上に存在するゲームをコントローラーで操作する形になります。

コントローラーによる操作情報の処理は全て「クラウドサーバー」上で行われ、その操作結果の映像がインターネット回線を介してゲーム機と繋がったモニターで表示されるという仕組みです。

かねてより「オンラインゲーム」で多い仕様ですね。

「クラウドゲーム」は処理を行うマシンが自宅のゲーム機ではありませんのでゲーム会社としてはゲーム機の性能を余り気にせずゲームを移植する事が出来、移植に掛かるコストも安価に抑えられるとの事です。

その結果としてプレイヤーも安価でゲームを楽しめるメリットの反面、「クラウドサーバー」がメンテナンスのタイミングやサービスの終了時にはゲームを自由に楽しむ事が出来なくなると言うデメリットも存在しています。

しかし、「BIOHAZARD 7 resident evil cloud version」の売れ行き次第ではカプコンは他のゲームタイトルも「Nintendo Switch」で「クラウドゲーム」化する事も考えているとの事ですので、この商法が成功した暁には他のゲーム会社も「クラウドゲーム」商法を開始する可能性もあります。

がっつりゲームを楽しみたいならば「パッケージ」版や「ダウンロード」版、ゲームをクリアしたらすぐに「ゲームソフト」を売ってしまう様な方は「クラウドゲーム」版、と言った購入方法の選び方もこれから主流になって行くかも知れませんね。

 

「クラウドゲーム」を遊ぶ為に必要な物とは?

「クラウドゲーム」を遊ぶ為には下記の物が必要となります。

「クラウドゲーム」を遊ぶ為に必要な物

  1. ゲーム機本体
  2. ゲーム機に対応したコントローラ
  3. 安定したインターネットの通信環境

「クラウドゲーム」を遊ぶ際には「クラウドサーバー」と常に通信をする事となりますので、必然的に③の「安定したインターネットの通信環境」が重要となって来ます。

「安定したインターネットの通信環境とは何ぞや?と言った方向けの記事もございますので宜しければ御覧下さい。

【有線】ゲーム実況にオススメのインターネット接続とは?【無線】
ニコ生やYouTube LIVE等に代表されるゲームの実況配信において回線の速度はとても大切な物です。実況配信は常にリアルタイムで放送される為、画面上のアクションを視聴者さんに快適に届ける為には常に安定した回線速度が必須と成ります。この記事では、ゲーム実況に必要不可欠なインターネット接続について解説致します。
「ping」値とは?「ms」の意味や応答速度の改善方法について
皆さんはインターネット通信における「ping」値についてご存知でしょうか。何となく名前は聞いた事があるけど意味までは分からないと言った方も多いのではないでしょうか。当記事ではインターネット通信において最重要!とも言える「ping」値について簡単に解説致します。

 

まとめ

  • 「クラウドゲーム」は「ゲームソフト」を購入するのでは無く、「ゲームソフトを遊ぶ権利」を購入して遊ぶ。
  • 「クラウドゲーム」を遊ぶ為には「クラウドサーバー」との安定した通信環境が必須。

当記事ではこれからのゲーム業界で主流になって行く?「クラウドゲーム」について簡単に解説を致しました。

管理人自身はゲームは基本的にやり込むタイプなので「パッケージ」版を購入する事が多いのですが、「クラウドゲーム」版が普及すればゲームを手頃に遊ぶ事が出来る様になる為、広く浅くゲームを遊ばれる方には便利なのではないでしょうか。

ただし、「クラウドゲーム」を遊ぶ為には「クラウドサーバー」と常に通信をする必要がある為、安定した通信環境は用意して置きたい物ですね。

それでは当記事『【switch】「クラウドゲーム」とは?従来のゲームとの違いについて』を終了させて頂きます。

お疲れ様でした。

コメント