「任天堂」社が小型化した安価版「Nintendo Switch」販売を計画中!

ゲーム
スポンサーリンク

こんにちは!

「任天堂」社が小型化した安価バージョンの「Nintendo Switch」を開発しているとの噂が飛び込んで参りました。

スポンサーリンク

概要

新「Nintendo Switch」は先述の通り、安価と小型化を実現する新バージョンとなります。

この「新Switch」は現存する機能を幾つか減らす事でコストダウンしつつ小型化し、販売価格を下げる計画をしているとの事。ただし、どの機能が削られる事になるかは現時点では詳細が明かされておりません。

立ち位置としては「ニンテンドー3DS」に対する「2DS」と言った所でしょうか。「3DSLL」に該当するゴージャスバージョンもいずれ発売されるのでしょうか。

しかし「新Switch」は小型化によって「持ち運びをより便利にする」事を売りするとの事で削られる機能はTV画面出力に必須の「ドック」が最有力とされております。

管理人としては「ドック」を削るどころか「ドック」に「有線LAN」ケーブルを直接接続出来る様にして欲しい所なのですが。

又、ソフトの差し込み口「カートリッジスロット」を削り「新Switch」をダウンロード専用機とする予想もあるそうですが、管理人的にこれは流石に無いと考えております。
以前、それで失敗したゲーム機もありましたからね…。

 

発売時期について

「新Switch」は早ければ2019年内にも発売が予定されているとの事です。

クリスマス商戦に持ち込むにはインパクトが少し薄い気が致しますので、管理人は秋から冬になるまでの間クリスマス前には販売すると予想しております。
でも、こう言った予想をすると案外春に発売したりもするのですよね。

 

まとめ

「任天堂」は「新Switch」を「ニンテンドー3DS」の様な「携帯ゲーム機」方面で売って行きたい様ですね。

「Switch」は「いつでもどこでも同じゲームが遊べる」を売りとしており「持ち運べる据え置き機」の印象が強かったのでこの考え自体は間違っていない気も致します。
ソフトも同時に安価になってくれればもっと買い易くなるのですが。

又「任天堂」は「ゲーム愛好家がよりお金を支払いたくなる」新サービスを企画しているとの事で、新サービスの内容自体は未だ不明ですが「新Switch」との相性が良いサービスになる事は間違いありませんので発表を楽しみに待ちたい所です。
「旧Switch」でも楽しめるサービスだと良いですね。一説には「バーチャルコンソール」の様なサービスになるとの噂です。

それでは当記事『「任天堂」社が小型化した安価版「Nintendo Switch」販売を計画中!』を終了させて頂きます。

お疲れ様でした。

コメント