3DアクションRPG「メイドインアビス 闇を目指した連星」が「PS4」「Switch」「Steam」向けに2022年発売決定

ゲーム
「スパイク・チュンソフト」公式ツイッターアカウントより引用

こんにちは!

「WEBコミックガンマ」にて連載中の漫画「メイドインアビス」2022年の再アニメ化発表に伴い「スパイク・チュンソフト」によってゲーム化が決定、3DアクションRPG「メイドインアビス 闇を目指した連星」の発売が決定した事が明らかとなりました。

「メイドインアビス 闇を目指した連星」について

公式発表によれば「PlayStation 4」及び「Nintendo Switch」並びに「Steam」向けに2022年発売予定。

この世界の唯一最後の深淵である『アビス』を舞台にして、
幾多の物語が生まれ……そして、消えてゆく。

それらの物語に登場する者たちは、みな、『アビス』の魔力に魅せられ、
『奈落の底』を目指す。

これから紡がれる物語は、リコたちがアビスへと旅立ってから
幾日かが過ぎたあくる日から始まる、
名も知れぬ誰かの探窟譚である。

「メイドインアビス 闇を目指した連星」公式サイトより引用

ゲームタイトルメイドインアビス 闇を目指した連星
ゲームジャンル度し難いアクションRPG
発売機種
  • PlayStation 4
  • Nintendo Switch
  • Steam
発売日2022年予定
プレイ人数1人
販売価格未定
CEROZ:18歳以上のみ対象

原作主人公「リコ」「レグ」も登場する様ですが主人公はあくまで「プレイヤー自身」との事。
外見のエディットが出来るのかが管理人としては気になる所ですね。

「CERO」は「Z(18歳以上対象)」となっており「死にゲー」と称される「DARK SOULS」の「CERO D(17歳以上対象)」よりまさかの上となっています。

【「メイドインアビス 闇を目指した連星」公式サイト】

メイドインアビス 闇を目指した連星 | スパイク・チュンソフト
原作者監修のオリジナルストーリーでアビスの世界を体験できる3DアクションRPGがPS4,Nintendo Switch,Steamに登場。

コメント