【Xbox】「Series X」及び「Series S」の下位互換機能について情報公開!「高FPS化」「自動HDR化」機能等

ゲーム
「Xbox Wire」より引用
スポンサーリンク

こんにちは!

「マイクロソフト」社が2020年11月10日に発売を予定している「Xbox Series X」及び「Xbox Series S」の下位互換機能について情報を公開致しました。

スポンサーリンク

「Xbox Series X」及び「Xbox Series S」の下位互換機能について

  • 「Xbox Series X」及び「Xbox Series S」では下位互換ゲームは問題無く動作する。
  • 下位互換ゲームはゲーム機の性能をフルに活かして動作し元々の対象ゲーム機よりもパフォーマンスが向上、ロード時間も大幅に短縮されている。
  • 最近のゲームに実装されている、ゲーム画面の明度の品質を上げる「ハイダイナミックレンジ(=HDR)」機能が実装される以前の「スタンダードダイナミックレンジ(=SDR)」が採用されているゲームにも「Auto HDR」機能で「HDR」表現を付与し高品質のグラフィック描写を実現。この機能はゲーム機側で処理される為「CPU」や「メモリ」等に負荷は掛からない。

「Xbox Wire」より引用

  • 「Xbox Series X」及び「Xbox Series S」では従来よりも「フレームレート(=FPS)」が安定。
  • 「Xbox Series X」及び「Xbox Series S」で一部のゲームタイトルで「FPS」を2倍にする新技術を適用。
    ただし、ゲーム従来のアニメーション等を損なう可能性がある為、多くのタイトルには適用出来ない。
Xbox Series S Backward Compatibility Frame Rate Technical Demo – Fallout 4
  • 「Xbox Series X」は「4K」対応、「Xbox Series S」は「1440p」に対応。
    「720p」で動作していた「Xbox 360」ゲームや「360p」で動作していた「Xbox(=初代)」のゲームグラフィックを高画質化する。

「Xbox Wire」より引用

  • 「Xbox Series X」及び「Xbox Series S」では、ほぼ全ての下位互換ゲームで16倍の「異方性フィルタリング」が可能。
    「異方性フィルタリング」とは、視点や角度によってキャラクターや背景等の「ポリゴン」に貼り付ける「テクスチャ(=画像)」の描写を切り替える機能です。
  • 下位互換ゲームは、従来通りゲームディスクを使ってインストールを行うか、「Xbox Live」にサインインし「ライブラリ」よりダウンロードする事でプレイ可能となる。

【公式発表(英文)はこちら】

Xbox Series X and Xbox Series S Will Be the Best Place to Play 1000s of Games From Across Four Generations of Xbox - Xbox Wire
As gamers, we know how important it is to preserve and respect your gaming legacy. We believe your favorite games and franchises, your progression and achieveme...

 

まとめ

  • 「Xbox Series X」及び「Xbox Series S」では下位互換ゲームは問題無く動作する。
  • 「Xbox Series X」及び「Xbox Series S」では下位互換ゲームは従来よりも高画質化、一部のゲームは「60fps」に対応。ただし「メモリ」等には負荷は掛からず快適に動作する。
  • 下位互換ゲームは従来通りゲームディスクを使ってインストールを行うか、「Xbox Live」にサインインし「ライブラリ」よりダウンロードする事でプレイ可能。

それでは当記事『【Xbox】「Series X」及び「Series S」の下位互換機能について情報公開!「高FPS化」「自動HDR化」機能等』を終了させて頂きます。

お疲れ様でした。

ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
配信者になろう!

コメント