【iOS】「Apple」社がゲームサービス「Apple Arcade」を発表!【定額制】

ゲーム
スポンサーリンク

こんにちは!

「Apple」社が2019年3月26日に行われたイベント「It’s Showtime」にてゲームの定額制サービス「Apple Arcade」を発表致しました。

スポンサーリンク

概要

Apple Arcadeを紹介します — 2019年秋、登場

「Apple Arcade」は100作を超えた新作ゲームや独占配信タイトルを遊び放題になる定額制サービス。

今流行りの「クラウドゲーム」タイプのサービスでは無い為、オフラインでもゲームが遊べる模様。

広告等の余計な物はゲーム中に勿論表示されず、追加料金を支払ずに家族同士でのシェアも可能との事です。

「ゲームストリーミング」系のサービスでは「Google」社の「STADIA」が発表されたばかりですし、競合を避けて直接対決を避けた形となったのは英断なのではないでしょうか。

 

「Apple Arcade」対応機種について

「Apple Arcade」の対応した端末については以下の通り。

「Apple Arcade」対応機種

「Apple Arcade」に対応したゲームタイトルは端末毎にデータ共有が出来、「iPhone」で遊んでいたゲームの続きを別の端末でもプレイ出来るとの事です。

 

「Apple Arcade」参入企業

日本では余り馴染みのない海外の企業が多く見受けられますが、やはり注目したいのは「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親として知られる「坂口博信」氏率いる「ミストウォーカー」社でしょう。

「アクションRPG」や「オープンワールド」等のアクション性の豊富なゲームジャンルが主流となったゲーム業界ですが「Apple Arcade」では昔懐かしの本格「RPG」が期待出来るかも知れません。

 

「Apple Arcade」のサービス開始時期について

サービス開始時期利用価格
2019年秋予定未定

北米と西欧限定から先ずサービスを開始する「STADIA」とは対照的に、始めから世界150ヶ国でサービスが開始される模様。

日本では「Apple Arcade」と「STADIA」のどちらが覇を唱える事になるのか注目して行きたいですね。

 

まとめ

「Google」社の「STADIA」に引き続き「Apple」社の「Apple Arcade」が発表されました。

どちらの企業も強大なネームバリューを持っておりますので、どちらのサービスも開始前の現時点でも成功は約束されている様に感じられます。
「任天堂」社や「SIE」社と言った据え置きメーカーとしては脅威でしょうね。

それでは当記事『【iOS】「Apple」社がゲームサービス「Apple Arcade」を発表!【定額制】』を終了させて頂きます。

お疲れ様でした。

コメント