【ゼルダ】完全新作は「ゼノダの伝説」!?「モノリスソフト」社が開発スタッフを募集開始!【Switch】

ゲーム
スポンサーリンク

こんにちは!

「ゼノ」シリーズで知られる「モノリスソフト」社が自社公式サイトにて「ゼルダの伝説」シリーズの開発スタッフの募集を2019年3月28日に開始致しました。

制作発表はいつになるのでしょうか。

スポンサーリンク

「モノリスソフト」とは

「モノリスソフト」社は「プレイステーション」向けソフトとして「旧スクウェア」社から1998年2月に発売された「ゼノギアス」のスタッフが独立し1999年10月に設立したゲーム開発会社です。

「ゼノサーガ」「ゼノブレイド」等の「ゼノ」シリーズで有名ですね。

「スマブラ」ファンには「シュルク」等のキャタクターが有名でしょうか。

管理人個人としては「シオン」「KOS-MOS」等の「ゼノサーガ」のキャラクターの方が馴染み深いですが。

2007年頃にゲームの企画・開発等を行う「セカンドパーティ」企業として「任天堂」社の傘下に入っており、「wii」向けソフトとして2010年に「ゼノブレイド」、2015年には「Wii U」向けに「ゼノブレイドクロス」を、2017年には「Nintendo Switch」向けに「ゼノブレイド2」等を発売しております。
1機種に1本「ゼノ」シリーズが発売されておりますね。

 

「ゼルダ」シリーズとの関わりについて

「モノリスソフト」社は「Wii」向けに2011年に発売された「スカイウォードソード」から2017年の最新作「ブレス オブ ザ ワイルド」まで制作にしっかり関わっているとの事で、今回初めて「ゼルダ」シリーズに関わると言う事では無い模様。
実は2017年7月に発売された「スプラトゥーン2」の開発にも関与しております。

尚、2019年年内に発売が予定されている「夢を見る島 リメイク」への関与までは明かされておりませんが、スタッフ募集が始まったと言う事は「ゼルダ完全新作」の制作開始も近いと言う事。

これからスタッフ募集との事で「ゼルダ完全新作」の情報が公開されるのはまだまだ先の事でしょうが、楽しみが増えましたね。

「夢を見る島 リメイク」の2019年2月の「ニンテンドーダイレクト」情報はこちら。

【ニンテンドーダイレクト】「ゼルダの伝説 夢を見る島」のリメイク発売決定!【2019年2月】
「任天堂」社は2019年2月期の「ニンテンドーダイレクト」にて「ゼルダの伝説 夢を見る島」のリメイク作品を発売する事を発表致しました。

 

まとめ

「ゼルダ」の完全新作は一体どの様なゲームになるのでしょう。

「ブレス オブ ザ ワイルド」は「ゼルダ」シリーズ総合プロデューサーである「青沼英二」氏が「The Elder Scrolls V: Skyrim」の影響を強く受けたとの事でオープンワールド路線を全開とした作品でしたが、完全新作がオープンワールド路線を更に強めて自由度を更に高めた作品となるのか、従来の「ゼルダ」を彷彿とさせる懐かしいタイプの作品となるのかは未だ不明です。
「青沼」氏は「Skyrim」をプレイした際に「やられた!」と感銘を受け「ゼルダ」をオープンワールド作品として舵を切ったとの事ですので、管理人個人としては完全新作もオープンワールド色を強めた作品になるのではと予想しております。

それでは当記事『【ゼルダ】完全新作は「ゼノダの伝説」!?「モノリスソフト」社が開発スタッフを募集開始!【Switch】』を終了させて頂きます。

お疲れ様でした。

 

コメント